2014年5月23日金曜日

美しいものたち

先日、親友と久しぶりに六本木ヒルズ52F、森アーツセンターギャラリーにて
現在、開催中のこども展を観に行ってきました








































親友との付き合いはもう20年以上になりますが
以前はよく面白そうな美術展を見付けては、一緒に足を運んだものでした
今回は何年振りか・・・本当に久しぶり!

ここ何年か、美術館に足を運ぶのはイタリア滞在時がほとんどで
日本で開催される美術展はたまに行く程度

特に親友とは長い間なかなか一緒に行く機会がなかった為
お互い楽しみにしていたイベント

モネやルノワール、セザンヌやピカソなど、お馴染みの巨匠たちの
描くその時代の子供たちは、その子の性格や個性までもが
キャンバスから滲み出てくるようで楽しかった!

絵画をはじめとするアート作品は、その人それぞれの見方、感じ方、とらえ方があり
また、誰に強制されることなく、自分の心のおもむくまま素直に楽しめるもの

絵画そのものは勿論のこと、その時代の子供たちが身に着けている
洋服、靴、装飾品そして室内装飾にも興味津々だった私達

今ではそのひとつひとつがアート作品としての価値がある
どれもこれも手間と時間をかけたものばかり
やっぱり人の手をかけたものは愛おしく美しい

さて!その興味津々だったひとつの「靴」ですが・・・
立派な(?)シューズマニアのひとりでもある私は
100足を超えるハイヒールを所有していたにもかかわらず
ドクターストップの為、泣く泣くハイヒールたちを手放し
一時は以前のような熱~い思いとちょっと違う気持ちの変化がありました

ハイヒールを選ぶ時のような一種の興奮状態に近い快楽のような感情から
自分自身の気持ちを俯瞰的(ふかんてき)な位置から見るというか
少し冷めたとも言える目線と気持ちで選ぶようになりました

ほぼまったくヒールの高さのない超フラットのバレエシューズやサンダル
あきらめきれない悪あがきのウエッジやプラットフォームなど、色々と試してきましたが
結果、一番履きやすい&歩きやすいのは3~5cmの太目ローヒール!
それもプラットの部分に若干の厚みがあること

そしてなによりも、私にとって大事なことは
美しくなければいけない!ということ

どんなに歩きやすい靴に出会ったとしても、美しくなければ
私自身が幸せで楽しくいられないんだということがよ~く分かった!!

人それぞれ考え方や物事のとらえ方には違いがあり
もしかしたら私この考え方をバカバカしいと思う人もいるかもしれないけど・・・
でも!だからこそ、自分の気持ちを大事にしたいと思うわけですよ(^^)

ということで、ここ最近入手した靴たちは、どれもこれも私を大満足させてくれる
珠玉のコレクションといっても過言ではない美しいカラー、フォルム、、デザイン
そしてなによりも足にとって大事な履き心地&フィット感!

まずは・・・色んなカラーとの相性が良いイエローカラーのサンダル MARNI
 



























 
 
それから・・・
































少し紫がかったブルーとベージュが上品なサンダル VERONIQUE BRANQUINHO

どちらも少し厚みのあるプラット部分に太目ミディアムヒールが
私の典型的ギリシャ型の足にピッタリとフィット!
本当に履きやすく歩きやすいい♪


そして長い間、もっとも私が愛用してきたハイヒールのお手本ブランド
Sergio Rossiのスーパーフラットシューズ




















































日本未入荷の頃から愛用してきたSergio Rossiの魅力は
なんといってもハイヒール!ということで
ここ2年程は、残念ながら遠ざかっていましたが
このフラットシューズは、その珠玉のハイヒールコレクションに
勝るとも劣らない美しさ、エレガントさ

こういうブランドシューズたちは、お値段も含め贅沢といえばそうですが
かつて子供たちが描かれた時代のごとく
工場で大量生産された物とは明らかに違う職人技を駆使したもので
今だ手仕事への敬意と誇りが感じられる美しきコレクション
私はやっぱり好き❤

というわけで、今後も是非!Sergio Rossiにはローヒールコレクションを
増やしていってもらえたら嬉しいなあ❤






























































0 件のコメント:

コメントを投稿